awesomeの発音方法

prof phonics rightさあ、英語の発音研究の時間だよ。

今日の研究テーマは「awesomeの発音方法」だ。

 

awesomeという単語には、「すばらしい」という意味があり、英語ネイティブ達が頻繁に使う単語の1つなんだ。

 

awesomeの正しい発音方法を、フォニックスを使って丁寧に紐解いていこう。

 

 

awesomeの発音とそのメカニズム

 

awesome の発音を発音記号で表すと  [ɔ:səm]  になるよ。

アクセントは最初の[ɔ:]の部分にあるよ。

(参照:発音記号と発音方法の一覧表

 

[ɔ:səm] を日本語で発音すると「オーサム」になるが、英語の発音はちょと違うんだ。

 

 awesomeの発音方法

発音記号の音を1つずつ確認するよ。

 

ɔː発音方法

[ɔ:]は、あごを下げ、口を大きく開けながら、のど で「オー」と発音するんだ。

 

 

s発音方法

[s]は、歯を閉じて、舌先を上の歯に近づけて、 「ス」と発音するよ。

 

 

ə発音方法

[ə]は口を軽くあけ、弱く短く「ア」と発音するんだ。

 

 

m発音方法

[m]は、唇を閉じ、鼻から「ム」と発音していくよ。

 

 

これらの1つ1つの発音を繋げて[ɔ:səm(≠オーサム)]と発音していくのさ。

 

 

awesomeの発音メカニズム

awesomeの綴りから、どうしてこのような発音になるのかわかるかな?

 

フォニックスの発音ルールでは「aw」を[ɔ:]と発音するんだ。
(参照:awの発音ルール

そして、「s」は[s]と発音し、「m」は[m]と発音するよ。
(参照:smの発音ルール)

 

 

「awe」の「e」と「some」の「o」はフォニックスの例外だよ。

 

「awe」の「e」は本来なら[e]の発音になるはずだが、awesomeでは発音されないんだ。
(参照:eの発音ルール

 

「some」の「o」は、o+子音+eのパターンだから、本来なら[ou]と発音されるはずだが、awesomeでは短母音の[ʌ]の音になる。
(参照:o+子音+eの発音ルール短母音[ʌ]の発音方法

そして、[ʌ]がリダクションされることで、最終的に[ə]の発音に弱変化するんだよ。
(参照:母音のリダクションルール

 

 

これらの理由からawesomeという綴りで、 [ɔ:səm]  の発音になるのさ。