リエゾンとフラップ/t/、語尾の破裂音省略が組み合わさった例

prof phonics rightリエゾンとフラップ/t/、語尾の破裂音省略の3つの音変化が組み合わさることで、とても複雑な音変化を起します。

(参照:リエゾンのルールフラップ/t/のルール語尾の破裂音省略

 

check it out. は、checkのkとitのi、そしてitのtとoutのoがリエゾンを起し、「チェッキ タウト」になります。

そして、itのtがフラップ/t/となり、[l](もしくは[d])の発音に変化します。

さらに、outのtが語尾の破裂音省略で「アウ」になります。

 

これらの音変化により、「ʧekilau(チェキラゥ」という発音なります。

フラップt check it out