語尾の破裂音省略のルール

語尾の破裂音省略とは

語尾の破裂音省略

単語の語尾の破裂音(b/d/g/k/p/t)は、発音の準備だけして音にせず終わってよいというルール

 

■語尾の破裂音省略の例

it  /it/ → /i(イッ)/
take it  /teik it/ → /teiki(テイキッ)/
let me check it  /let mi ʧek it/ → /lemi ʧeki(レミ テイキッ)/
don’t do that  /dount du: ðət/ → /doun du: ðə(ドウン ドゥー ダッ)/

 

フォニックス教授から一言コメント

prof phonics right英語には、単語の語尾に破裂音[b/d/g/k/p/t]が来た場合、口の形だけ作って音を出さずに終わっていいというルールがある。例えば、think  /θink(シンク)/という単語の場合、語尾の破裂音[k]を省略して、/θin(シン)/と発音しても通じるんだ。(*この時、[k]の発音の準備はちゃんとするんだよ。)

 

語尾の破裂音を省略することで、よりネイティブらしい英語になるというメリットがあるんだ。

 

また、それ以外のメリットとして、例えば、cold(コールド)のldのような、日本人が苦手とする連続子音を発音するときも、破裂音のdを省略することで、「コール」となり、発音が楽になるんだ。

 

語尾の破裂音省略は、リエゾンやフラップ/t/と組み合わさる事で、複雑な音変化を起すよ。

合わせて押さえておこう。(参照 :リエゾンフラップ/t/

 

■音変化の組み合わせ例