英語のリエゾンの法則

リエゾンとは

リエゾン

子音の発音で終わる単語に、母音の発音で始まる単語が続いた時に、子音と母音の音がくっつくというルールです。

 

 

How are you? を例にリエゾンを理解しよう

例えば、「How are you ?」をそのまま読むと「ハウ アー ユー」になります。

リエゾン前

(参照:発音記号と発音方法の一覧表

しかし、リエゾンを起すとhowのwの発音と、areのəの発音がくっつき、wə(ワ)という音になります。

なので、「ハーワー ユー」となるのです。

リエゾン後

 

 

子音+you のリエゾンに注意しよう

語尾の子音+youは、子音+子音の組み合わせですが、リエゾンが起こることがあります。

 

例えば、did you 〜は発音記号で[did ju:(≠ディドゥ ユー)]になり、

d(子音)+j(子音)の組み合わせですがリエゾンが起こり

[didju:(≠ディジュー)]という発音になるのです。

 

これは[j]の発音が、母音の発音に似ていることから起こるリエゾンの例外です。

 

 

フォニックス教授から一言コメント

prof phonics rightリエゾンは英語ネイティブが日常的に行っている音変化の手法だよ。 

よく英語のテレビやラジオを聞いていると、明らかに綴り通りの発音をしていない発音を耳にするよね。

この原因の大半は、リエゾンによって起こっているのさ。

 

先ほどのhow are you の例でも、wとaがくっついて「wa(ワ)」の発音になっている。

もしこれを綴り通り読んだ場合、「wa(ワ)」という音はどこにも出てこないよね。

 

リエゾンは、他の音変化

  • フラップ/t/
  • 語尾の破裂音省略
  • 機能語のリダクション

と密接にかかわり合っているよ。

(参照:フラップ/t/語尾の破裂音の省略機能語のリダクション

 

■音変化の組み合わせ例

 

英語ネイティブが日常的に行っている音変化を理解する事で、英語の発音が美しくなるだけでなく、英語を聞き取る力もググッと高まるよ。

ルール自体は難しくないから、1つ1つ丁寧に押さえていこう。