kのフォニックス発音ルール

kのルール

アルファベットのkは、[k]と発音します。

 

 

[k]の発音方法

k発音方法

[k]は、舌の後ろの方を上あごの奥につけ、離した 瞬間に「クッ」と発音します。

 

 

■[k]と発音するkの例

king  /kiŋ/
kiss  /kis/
keep  /ki:p/
key  /ki:/
kangaroo  /kæŋgəru:/

(参照:発音記号と発音方法の一覧表

 

 

フォニックス教授の一言コメント

prof phonics rightkが関わる子音の組み合わせは、「sk」「lk」「nk」「ck」「kn」があるよ。

 

このうち、「sk」「lk」「nk」は子音を続けて発音する連続子音だ。

(参照:sklknkの発音ルール)

 

そして、「ck」「kn」は片方の子音の音が消える連続子音だ。

「ck」は、「c」の音が消えて[k]の発音になる。

「kn」は、「k」の音が消えて[n]と発音していくよ。

(参照:ckknの発音ルール)

 

「ck」は直前の母音の発音に影響を及ぼす連続子音でもあるよ。

「ck」の直前の母音は短母音の発音になるんだ。

(参照①:ckの発音ルール
(参照②:短母音の発音ルール a/i/u/e/o/y