dのフォニックス発音ルール

dのルール

アルファベットのdは、[d]と発音します。

 

 

[d]の発音方法

d発音方法

[d]は、舌先を上の歯の付け根につけ、舌先を離し た瞬間に「ドゥ」と発音します。

 

 

■[d]と発音するdの例

dad  /dæd/
den  /den/
dinner  /dinər/
duck  /dʌk/
draw  /drɔ:/
discuss  /diskʌs/

(参照:発音記号と発音方法の一覧表

 

 

フォニックス教授の一言コメント

prof phonics rightdが関わる子音の組み合わせは、「dr」「ld」「nd」「dge」「dd」があるよ。

 

このうち、「dr」「ld」「nd」は子音を続けて発音する連続子音だ。

(参照:drldndの発音ルール)

 

「dge」は、子音が組み合わさり全く異なる音に変化するよ。

「dge」は、[ʤ]と発音するんだ。

(参照:dgeの発音ルール

 

そして、「dd」は片方の子音の音が消える連続子音だ。

「dd」は、片方の「d」の音が消えて[d]と発音していくよ。

(参照:ddの発音ルール

 

「dge」「dd」「ld」「nd」は直前の母音の発音に影響を及ぼす連続子音だよ。

「ck」「dd」の直前の母音は短母音の発音になるんだ。
(参照:短母音の発音ルール a/i/u/e/o/y

「ld」「nd」の直前の母音は長母音の発音になることがあるよ。

(参照:dgeddldndの発音ルール)