母音のリダクションのルール

母音のリダクションとは

母音のリダクションは、母音(a, i, u, e, o)を[ə]と発音するルールです。

(*連続母音やマジックe、rがついた母音ではリダクションは起こりません。)

 

本来の発音 リダクション後
a ⇒ [æ]
i  ⇒ [i]
u ⇒ [ʌ]
e ⇒ [e]
o ⇒ [ɑ]
a ⇒ [ə]
i  ⇒ [ə]
u ⇒ [ə]
e ⇒ [ə]
o ⇒ [ə]

(参照:aの発音iの発音uの発音eの発音oの発音

 

母音のリダクションのルール

アクセントが置かれていない母音はリダクションされることがある。

 

■リダクションの例

umbrella  /ʌmbrelə/
visit  /vizət/
octopus  /ɑktəpəs/
blanket   /blænkət/

(参照:発音記号と発音方法の一覧表

 

 

[ə]の発音方法

ə発音方法

[ə]は口を軽くあけ、弱く短く「ア」と発音します。

 

 

 フォニックス教授の一言コメント

prof phonics right短母音がリダクションされると[ə]の発音になるよ。
また、連続母音やマジックe、rがついた母音ではリダクションは起こらない点に注意しよう。

 

リダクションは英語ネイティブの中で、かなりの頻度で行われている。

ある統計によると連続母音やマジックe、rがついた母音を含めた全母音のうち20%以上の頻度で[ə]が使われているというデータもあるよ。

 

リダクションには、「母音のリダクション」の他に「機能語のリダクション」もある。

(参照:機能語のリダクション

この2つのリダクションをしっかり身につけてごらん。

英語の発音が見違えるほど上達するよ。