スラスラ読めるようになる英語リーディング上達法とおすすめ教材

英文をまるで日本語を読んでいるかのような感覚でスラスラ読む。
こんな状態になったら良いと思いませんか?

 

とはいえ、多くの人は日本語と同じ速度で英語を読むのは困難かと思います。
その原因は「受験英語」。

 

実は、受験英語にドップリ浸かると、英文を文法や構文に当てはめ解読する癖がついてしまいます。この読み方はテストで高得点が取りやすい反面、信じられないくらい読むスピードが遅くなります。

 

本物のリーディングスキルを身につけるコツは、英語を英語のまま理解し読み進めることです。
ここでは、文法や構文を考えることなく、英語を英語のままスピーディーに理解するためのリーディングスキルの磨き方と、そこで使えるおすすめの教材をご紹介します。

 

 

英語リーディングの上達法とおすすめ教材

リーディングスキルを向上させるには、「英語を英語のまま理解する癖をつける」→「長めのセンテンスを英語のまま理解できるようにする」→「斜め読みができるようになる」の3ステップで進めると、最速最短で上達します。

以下では各ステップの詳細と、おすすめの教材をご案内します。

 

 

STEP1 英語を英語のまま理解する癖をつける

リーディング強化の最初のステップです。
この段階では語彙力や文法を身につけるというよりは、意識のトレーニングに近いです。

 

受験英語にどっぷり浸かると、無意識のうちに頭の中で英語を和訳し理解しようとしてしまいます。
「英語→和訳→理解」では、理解するのに時間がかかりすぎて非効率です。
「英語→理解」と英語を英語のまま理解できるよう、簡単な教材を用い、和訳する悪い習慣を消し去りましょう。

 

脱和訳のコツは、文法を体で覚えることです。
英語を頭から順に読み進め、その順序で意味が理解できるよう、何度も何度も読み返し、英語のリズムをカラダに刻み込んでください。

 

おすすめの教材はOxford Reading Treeシリーズです。
平易な英文を絵と一緒に読むことで、直感的に意味を理解しながら、英語を直接理解する習慣を身につけることができます。

 

Oxford Reading Tree シリーズ(本)

イギリスの小学校の教科書にも採用されている子供向けの絵本です。
10段階のレベル分けで、読解力に応じて無理なくリーディングスキルを高めていけます。

 

STEP2 長めのセンテンスを英語のまま理解できるようにする

簡単な英文を繰り返し読み込み、和訳グセが矯正されたら、次は長めのセンテンスを英語のまま理解できるよう練習しましょう。

おすすめの教材はOxford Bookwormsシリーズです。

 

Oxford Bookwormsシリーズ(本)

先述のOxford Reading Treeよりも難しい英文で書かれた本が、レベル別に分けられています。
誰もが知るような物語が英語になっているため、初見でもあらすじを知った状態で読み進めることができます。

 

このレベルの本がスラスラ読めるようになれば、ゴールは近いでしょう。

 

→ Oxford Bookwormsシリーズをamazonで確認

 

STEP3 斜め読みができるようになる

最後は斜め読みの練習です。

 

私たちは生活の中の多くのシーンで、斜め読みをしています。
これは英語でも同様のことが言え、新聞やチラシなどで要点だけが知りたいシーンで、ネイティブたちは斜め読みをしています。

 

リーディングスキルをネイティブレベルまで高めるために、要点を瞬時に把握する練習をし、英語を斜め読みできるようになりましょう。

 

おすすめの教材は英字新聞です。
新聞は斜め読みの格好の練習材料で、ざっと紙面を眺めて大筋の意味を把握し、興味のある部分だけ精読する癖をつけましょう。

 

POLUGLOT

英語リーディングアプリPOLYGLOTS(ポリグロッツ)

英語リーディングアプリPOLYGLOTS(ポリグロッツ)
開発元:POLYGLOTS inc.
無料
posted with アプリーチ

英語ニュースが読める無料アプリです。
辞書機能も付いており、わからない単語があったらすぐに調べることができます。

 

 

簡単な英語を何度も何度も繰り返し読むのが、リーディング上達の鍵

「リーディングを上達させるには、難しい英語を多読しなければならない」と思い込んでいる人は多いです。
しかし、実際はその真逆で、簡単な英語を何度も読み、英語を頭から理解する練習を反復した方が効果的です。

 

リーディング上達のポイントは、英語の理解力と語彙力を分けて考えることです。

 

多くの日本人に必要なのは、理解力であり、そのためには英語のリズムを体に叩き込み、限りなく完璧に近づけなければなりません。
ここでいう完璧な理解力とは、斜め読みして要点を効率良く抽出できるレベルのことを言います。
逆を言えば、このレベルに達すれば、リーディングスキルとしては完璧の域に達しており、それ以上の特別な訓練は必要ありません。

 

一方でネイティブと比べ、私たちは語彙力が圧倒的に不足しています。
もちろん、読解力を高める上で語彙力は不可欠なのは承知しています。
しかし、語彙力に「ここまでやれば完璧」というものはなく、突き詰め始めたらゴールを見失うのも事実です。

 

私の経験上、リーディング練習で語彙力にフォーカスすると泥沼にはまります。
日本語でも同じことが言えますが、新しい分野、ジャンルに挑戦すれば当然そこで新出単語が出てきますよね。これはネイティブも同じです。

 

まずは理解力を完璧なレベルに高めることに集中し、語彙力に関してはその都度不足分を補っていく緩めの姿勢で進めると、英語難民にならないと思います。