英語を活かした就職ガイド

日本で仕事を見つけるとき、

さっかくなら得意な英語を活かした就職をしたいですよね。

 

実は、一般の就職サイトで探しても、英語を活かした職種はなかなか見つかりません。

でもちょっとしたポイントを押さえれば、ぐっと見つけやすくなりますよ。

 

求人の見つけ方

英語を行かせる求人を見つけるには、英語に特化した就職サイトを利用すると効率がいいです。

国内には求人をまんべんなく扱う一般就職サイトと、一部の専門技術に特化した専門就職サイトがあります。

中でも英語に特化した就職サイトでは、英語系の求人情報が集まりやすく便利です。

 

探せば未経験の仕事も見つかります。

自分のキャリアに合った求人を探しましょう。

 

 

求人の条件面はどうなの

英語を活かした就職というと、外資系などを筆頭に高収入なイメージがありますが必ずしもそうではなさそうです。

 

英語を使った仕事には様々な種類があり、メールでのやり取りや教育系、交渉と様々です。

そのため、特に英語がしゃべれるからといって特別給料が高くなる職種は少ないです。

高収入を目当てに英語を活かすというよりも、英語が好きで仕事でも使いたいからという目的で仕事を探すとよいでしょう。

 

 

求人が多い職種

英語を使う職種で有名どころは外資系の企業です。

ボスがネイティブだと必然的に英語を使う機会が多く、一定水準以上の英語力がないと仕事にならないようです。

 

理系だとメーカーや航空会社、製薬会社の求人が多いです。

とくに工学部出身者が就く職種では工場の海外移転などの都合で海外赴任し英語が必要になるようです。

 

専門職系だと研究職や看護師も英語系の求人で上がってきます。

文系だと教員や保育士といった子供に英語を教える職種や、ホテルや旅行などの観光業の求人が多いです。

 

 

著者プロフィール
HN:フォニックス教授
ニュージーランド国内で有名な5つ星ホテルに就職しキャリアを積み上げました。そこでの体験をもとに、ネイティブに通用する実践的な英語の身につけ方を発信してます。詳しくは、詳細ページへ。