実際に買ったらイメージしていた教材と違った

英語の発音教材は普通の本に比べ高額です。

その分、書籍ではできないような工夫が随所に施されていて発音練習の効率が上がるのですが、実際に買ったらイメージと違うものだったという失敗も少なからずあります。

こうした失敗はちょっと注意するだけでかなりの確率で防ぐことができます。

 

 

販売ページをよく確認する

まず最初にその教材の販売ページを隅々までよく見ることです。

どういったコンセプトの教材なのか、誰が販売しているのか、サポート体制はしっかりしていりのか隅々まで確認します。

 

販売ページに書かれていないことで不明瞭なことがあったら、販売元に問い合わせるといいと思います。

そこでの対応から販売元のサポート体制がわかるので、回答内容だけでなくレスポンスの良さや丁寧さといったところも一緒に見るといいでしょう。

 

 

無料体験や返金保証のあるものを選ぶ

多くの発音教材には無料体験版か返金保証がついています。

無料体験版があったら必ず一度体験しておきましょう。

そうすることで教材の雰囲気を掴めます。

 

また一部の教材には返金保証があるものもあります。

その際は返金の条件を隅々まで確認し、購入後万が一イメージと違ったらすぐに返金できるよう備えましょう。

これらの保証制度を活用することで、万が一の時も安心して対応することができます。

 

 

まとめ

実際に買ってみてイメージしていたものと違うという失敗は、事前に教材をリサーチすることで防ぐことができます。

そして可能であれば無料体験期間や返金保証のある教材を選ぶようにしましょう。

そこまで気をつければかなりの確率で失敗を防げます。

 

著者プロフィール
HN:フォニックス教授
ニュージーランド国内で有名な5つ星ホテルに就職しキャリアを積み上げました。そこでの体験をもとに、ネイティブに通用する実践的な英語の身につけ方を発信してます。詳しくは、詳細ページへ。