ネイティブのような響く発音ができません

ネイティブの中には鼻にかかったような響く発音をする人がいます。

こうした特徴は英米出身のネイティブに顕著に現れ、ちょっと聞いただけで日本語とは全く質の違う音であると気づきます。

 

彼らの出す響きの正体は鼻濁音です。

鼻濁音とは鼻の中で共鳴してでる音で、通常の発音より多くの空気を鼻に通すことで出せる音です。

 

 

ネイティブのような響く音が出ない時の対策

鼻濁音の出し方についてはこちらの記事を参照ください。

(参照:鼻濁音の出し方

 

鼻濁音を上手に出せると素人見で英語っぽい音が出せるようになります。

また鼻濁音のメリットには英語をゆっくりはっきり話したときに子音を強く出しやすいというものもあります。

 

私ん経験上、鼻濁音が出せると発音が楽になります。

特に早口言葉のように似た音の単語を連続で発音する時に鼻濁音の恩恵を強く感じます。

 

 

まとめ

ネイティブたちの独特の響きは鼻濁音からくるものです。

鼻濁音が出せると英語っぽい発音ができるようになる上、話すのが楽になります。