海外旅行に行くにあたり英語の発音を勉強すべきでしょうか?

これから海外旅行に行くにあたり英語の発音を勉強しようと思ってる方も少なからずいらっしゃいます。

 

「せっかくだからキレイな英語を話したい」とか

「カタカナ英語はネイティブに伝わらないらしいよ」とか

 

勉強するきっかけはいろいろあると思いますが、果たして海外旅行に備えて英語の発音を勉強すべきでしょうか?

 

海外旅行であれば敢えて発音を勉強する必要はないと思う

海外旅行の場合、こちらはお客さんの立場なので、相手もある程度カタカナ英語に合わせてくれます。

さらにハワイとかグアムなど日本人がよく行く観光地なら、なおさら発音練習は必要ないです。

相手もカタカナ発音に慣れていますし、観光地ということもあり相手も熱心に聞き取ろうとしてくれます。

 

海外旅行だと発音よりもフレーズを覚える方が重要

海外旅行で問題になるのは発音よりもむしろフレーズです。

話した英語が通じない以前に、自分の意志をどうやって英語にしたらいいか分からず戸惑うことが多いように思います。

 

幸い旅行先の英会話で使うフレーズはほぼテンプレート化しており、細かい文法の知識がなくても習得できます。

無理に発音を練習するよりもフレーズ本を買ってそれを覚えた方が、結果的に海外旅行を楽しめるはずです。

 

著者プロフィール
HN:フォニックス教授
ニュージーランド国内で有名な5つ星ホテルに就職しキャリアを積み上げました。そこでの体験をもとに、ネイティブに通用する実践的な英語の身につけ方を発信してます。詳しくは、詳細ページへ。