ネイティブに間違われるくらいの発音を身につけることができますか?

英語の発音を身につけるからには、ネイティブ並みの発音を身につけたいと思う気持ちはよくわかります。

確かに、独習でも努力次第でネイティブと間違われるくらいの発音は身につくと思います。

ただ、どのレベルの発音を持ってネイティブ並みと判断するかは悩ましいところです。

 

英語が苦手な人は少し発音が上手なだけで帰国子女と間違える

これは実際に私が経験したことです。

私は帰国子女でも何でもありません。しかし、私が日本で英語を話すと周りの人は帰国子女と間違えます。

こんなことを自分で書いていて恥ずかしいのですが、そういうものです。

英語の苦手な人からしたら、私レベルの発音でも帰国子女(≒ネイティブ並み)と間違えます。

 

ただ実際の私の発音はネイティブからみれば違和感ありありです。

「まぁ違和感はあるけど、気にはならないね」レベルです。

だからネイティブが私の英語を聞くと「第二外国語として流暢な英語を話す日本人」という感じで決してネイティブだとは思われません。

 

上手な英語の発音は総合的な英語力に支えられている

実は正しい英語の音を身につけたからといってネイティブのように発音できるわけではありません。

ネイティブのような流暢な発音は、語彙力、言い回し、間の取り方、イントネーション、など総合的な英語力に支えられており、英語の音はその一部でしかありません。

どんなに発音だけ練習してネイティブっぽい音で英語が言えても、喋り方がぎこちなかったり、不自然な言い回しを使えば一発で見破られます

 

ネイティブに間違われる発音を身につけるには

努力次第でネイティブに間違われるレベルの発音を身につけることはできます。

そのためには、単に発音を練習するだけでなく、ネイティブと同じレベルの英語の知識が欠かせません。

膨大な勉強量と時間が必要ですが、決して到達できない領域ではないと思います。

 

著者プロフィール
HN:フォニックス教授
ニュージーランド国内で有名な5つ星ホテルに就職しキャリアを積み上げました。そこでの体験をもとに、ネイティブに通用する実践的な英語の身につけ方を発信してます。詳しくは、詳細ページへ。