英語の発音で重要な5つの舌の位置

英語の発音では舌の位置が大事です。

日本語の発音ではあまり舌を動かさないですが英語ではものすごくダイナミックに動かします。

舌を上手に動かすコツは、舌先の位置を意識する事です。

 

 

英語を発音に重要な舌先の位置は5カ所

私が発音のときに意識している舌先の位置は5カ所です。

音声学的に細かい話をするともっとたくさんありますが、実際の発音している中で意識できるのはせいぜいこれくらいです。

 

舌先の位置

 

これらの位置を意識しながら、図解された頭部断面図で理解を深めれば、舌の動かし方は大丈夫です。

舌の動かし方と発音記号をまとめた一覧表を作成していますので詳しくはこちらを参照ください。

英語の発音と発音記号一覧表

 

 

舌の位置の図解を見るときの注意点

舌の位置の図解を見るときは、その舌の状態が発音動作の一瞬の状態を切り出したものであることを理解した上で柔軟に見ていきましょう。

よく見かける舌の位置の図解はイメージの伝わりやすさを優先して実際の舌の動きを誇張しているものが多いです。

先ほど紹介した一覧表もイメージが伝わりやすいように若干脚色しています。

 

英語の発音の善し悪しはあくまで音で判断してください。

図解は参考程度にとどめておいて、録音した自分の発音とモデルの発音を聞き比べながら練習するといいです。

 

 

舌が疲れるくらい練習しよう

舌の動かし方をトレーニングしていると、普段使わない筋肉を動かしてかなり舌が疲れます。

その疲れはちゃんと舌を動かせている証拠ですので、そのまま継続してきましょう。

ある程度の筋力がついてくると、舌が疲れなくなってきて滑舌が良くなっていきます。

 

著者プロフィール
HN:フォニックス教授
ニュージーランド国内で有名な5つ星ホテルに就職しキャリアを積み上げました。そこでの体験をもとに、ネイティブに通用する実践的な英語の身につけ方を発信してます。詳しくは、詳細ページへ。