英語の発音を独習する際の注意点

英語の発音を独習する際に注意点が1つあります。

それは「自分の声を録音する」ということです。

 

英語の発音練習では、CDや映画で聞いた発音を真似することがよくあります。

このとき、必ず自分の声を録音して確認する習慣をつけてください。

 

そうすることで、自分がちゃんと発音できているか自己診断できます。

 

たまにウェブサイトやアプリで発音を採点してくれるサービスがありますが、あれでは不十分です。

そういうサービスの採点基準はアマアマだったりしますので。

やはり自分の耳で確認して納得のいく発音ができているか確認するのがベストです。

 

 録音することで自分の発音を客観的に分析できる

実際に録音してみると分かりますが、上手に発音できているつもりでも全然ちがう発音になってることがよくあります。

 

私の場合、録音ではなくネイティブにチェックしてもらってたのでその都度教えてもらってました。

そういう環境にない場合、録音しながら確認していかないと変な癖がついてしまいます。

 

録音することで、自分の発音力を客観的に分析できるため上達も早いです。

 

録音は波形が確認できるものがベスト

録音方法はアプリを使ってもいいですし、PCに入っているソフトでもいいです。

重要なのは音の波形を確認できるかどうかです。

 

音の波形が確認できるメリットは、イントネーションやリズム、アクセントの間違いを視覚的に理解できる事です。

LやRといった英語の個別の音の発音はちょっと練習すれば誰でも上達します。

 

しかし、多くの人がつまづくのが単語や文の抑揚の付け方です。

この段階の練習で自分の声の波形を確認できると、間違った抑揚の付け方を理解でき、意識的に改善する事ができます。

 

まとめ

英語の発音を練習する前に、自分の声を録音する環境を整えましょう。

録音するツールは、自分の声の波形を確認できるものが理想です。

そうすることで、自分の発音力を客観的に分析しながら練習できるため、変な癖がつかずキレイな発音が身に付きます。

 

著者プロフィール
HN:フォニックス教授
ニュージーランド国内で有名な5つ星ホテルに就職しキャリアを積み上げました。そこでの体験をもとに、ネイティブに通用する実践的な英語の身につけ方を発信してます。詳しくは、詳細ページへ。