英語の発音を練習することでスピーキングが上手になった

私が英語の発音を練習して実感した効果の1つにスピーキングの上達があります。

それまで何度も聞き返されていたり、話すのが遅すぎて会話の雰囲気をぶちこわしていたのですが、発音が上達してからそうした事が少なくなりました。

英語の発音を練習することで、スピーキングにどんな良い影響があるのか、私の経験談をまとめました。

 

英語の発音が良くなり英語が通じやすくなった

単純に発音が良くなって英語が通じやすくなりました。

聞き返される回数が激減したのです。

 

日本人特有の発音癖で、不要な母音を子音の後ろにつけるというものがあります。

日本人にとっては自然な発音で聞きやすいのですが、ネイティブからしたら全く違う単語に聞こえてしまうくらい致命的な発音ミスです。

 

こうした発音癖を矯正したことで、かなり通じやすくなりました。

 

ネイティブと同じスピードで話せるようになった

ネイティブが話す英語は早口だと思っている方が多いですが、実はそうでもありません。

ひょっとしたら日本人の日本語の方がよっぽど早口かもしれません。

 

英語と日本語の話し方は根本的に違います。

こうした違いを理解し練習することで、誰でもネイティブと同じスピードで話せるようになります。

 

実際の英会話において話すスピードはとても大事です。

周りがテンポよく話している中で自分がものすごく遅いスピードで話すとそれだけで場の雰囲気をぶちこわしてしまいます。

発音を身につけたことで、そうした経験をすることが減り、自信を持って自分の意見を言えるようになりました。

 

誠実な英語を話せるようになる

英語に敬語がないと思っている人は多いですが、それは大間違いです。

英語では相手への気遣いをイントネーションで表しています。

 

例えば、

 

Yes. 「はい」

 

という簡単な単語でも、イントネーションの付け方を間違えるとものすごく失礼な言い方になります。

 

特に英語初学者の人の英語を聞くと、とてつもなく失礼な言い方をしていることがあります。

もちろん、ネイティブもそのことには理解があり「まだ彼は勉強中だから仕方ないね」で許してくれると思うのですが、ある程度英語のレベルが上がってくるとさすがにイラッとするでしょう。

 

特に私の場合、仕事でお客様を接客していたので誠意ある言葉遣いは必須スキルでした。

 

英語の発音がある程度上達すると、次第にイントネーションまで気を使えるようになってきます。

その流れの中で私は相手を不快にさせない誠実な英語が話せるようになっていきました。

 

 

英語で話すことが楽しくなった

英語の発音を身につける最大のメリットは「英語で話すことが楽しくなる」という一言につきると思います。

英語での会話はとにかく楽しいです。

 

正直日本語ほど細かいニュアンスが分かっていないので自分の意見をズバズバ言えます。

また、ある程度発音スキルがあがればかなり流暢に喋れるようになるので、流れるように歌を歌ってるようで楽しいです。

ちょっとしたイングリッシュ・ハイみたいな感じになります

 

基本、英語圏の人たちは陽気でフレンドリーです。

物怖じせず会話できるようになることで、あなたの世界観はがらっと変わるはずです。

そして発音はその第一歩になると私は実感しています。

 

著者プロフィール
HN:フォニックス教授
ニュージーランド国内で有名な5つ星ホテルに就職しキャリアを積み上げました。そこでの体験をもとに、ネイティブに通用する実践的な英語の身につけ方を発信してます。詳しくは、詳細ページへ。