英語の発音はアンチエイジングに効果がある

英語の発音を身につけることで、スピーキング、リスニング、リーディングといった英語力をバランスよく高めることができます。

そして英語の発音にはもう一つ知られざる効果があります。

それは「アンチエイジング」です。

 

よく英語圏の人たちはニコニコしながら話していますよね。

あれは性格的なものもあるのですが、実は英語の発音にも秘密があります。

 

 

英語の発音の基本は笑顔

英語の発音というと舌の位置だけが大事だと思われがちですが、実はそれ以上に大事なのが口の形です。

 

あまり知られていませんが、ネイティブは音の80%を口の形から視覚的に読み取っているようです。

だから電話越しの会話だと雰囲気でしか音を聞き取れないので、相手の名前など重要な情報を聞き取るときは「アップルのA」とか「マイクのM」といった感じでいちいち確認するんだとか。

 

英語の発音で一番多い口の形は笑顔の形です。

具体的には口の両端を左右に引いた状態で発音する音が多いため、結果的に英語を話すと笑顔になります。

 

また、このときの口の形を作るために顔面の表情筋が鍛えられ頬がたるみにくくなります。

こうした効果から英語の発音にアンチエイジングが期待できるのです。

 

 

 英語の発音は前歯が見えやすい

また英語は日本語より高い周波数の音で発音します。

このとき高い周波数の音を出すためにネイティブは上唇を歯から浮かせて発音します。

 

そのため英語を発音するときは前歯が見えやすく、さらに笑顔度があがっていきます。

ちなみに英語圏で歯のホワイトニングや歯列矯正が盛んなのも英語の発音が関係しています。

日本人以上に普段の会話で歯を見られるので、歯の白さや歯並びが気になりやすいのです。

 

著者プロフィール
HN:フォニックス教授
ニュージーランド国内で有名な5つ星ホテルに就職しキャリアを積み上げました。そこでの体験をもとに、ネイティブに通用する実践的な英語の身につけ方を発信してます。詳しくは、詳細ページへ。