英語の発音が悪いことで直面した過酷な現実

私も昔から英語の発音が上手だった訳ではありません。

海外で働く前はコッテコテの日本語訛の英語を話していて「日本語訛でもネイティブは聞き取ってくれるから大丈夫!」なんて本気で信じていました。

 

たしかに、海外旅行程度であれば相手もこちらのつたない英語に合わせてくれます。

だって向こうにとって私たちはお客さんですから。たくさんお金を使ってもらおうとニコニコするわけです。

 

しかし、海外に住んでネイティブと対等の立場で生活するようになると、状況は大きく変わります。

 

発音が悪いとこちらが話す英語が通じない

「日本語訛の英語は通じない」という話をよく耳にします。

私の経験でも確かに日本語訛の英語は通じにくいです。

これは実際に経験した人ならわかるはずです。

 

「日本人の発音はrice(米)がlice(シラミ)に聞こえるから良くない」

 

という話を聞きますが、現実はもっと過酷です。

 

「ライスください。」

 

といってliceと聞き取ってくれればまだ取りつく島があります。

しかし、実際はriceでもliceでもない全く違う単語に聞こえるらしく、どんなにがんばっても通じないものは通じないのです。

 

 

発音が悪いと相手の言う事が聞き取れない

英語の発音とリスニングは深い関係があると思います。

私も英語の発音をしっかり身につけてから急にネイティブの英語が聞きやすくなったという経験をしています。

 

その原因をいろいろ調べてると、どうも人間の脳は自分が発音できる音しか聞き取れない構造になっているようです。

自分で発音できない音は雑音として脳が処理してしまうとか。

 

ネイティブの話す英語を一発で聞き取るスキルは実際のコミュニケーションでとても大切です。

普段のたわいない会話の中で何度も聞き返していると、会話が成り立たずウザがられます。

海外の語学学校で日本人同士が固まる理由の一つに、リスニングスキルが低い日本人を現地ネイティブが避けているという側面が少なからずあると思います。

 

 

まとめ

英語の発音が悪いと、英語が通じないし聞きとりに苦労します

そのためどんなに英語の知識があったとしても実戦でかなりの苦戦を強いられます。

 

英語はコミュニケーションツールですので伝わってなんぼです。

ちゃんとした英語の発音を身につけることで、コミュニケーションが円滑になりより実用性の高いものになっていきます。

 

著者プロフィール
HN:フォニックス教授
ニュージーランド国内で有名な5つ星ホテルに就職しキャリアを積み上げました。そこでの体験をもとに、ネイティブに通用する実践的な英語の身につけ方を発信してます。詳しくは、詳細ページへ。