英語発音の指導法

英語の発音を子供などに指導したいとき、どうやって教えたらいいか迷いますよね。

 

CDを聞かせたら上手になるのかな?とか

舌の形とか言ってもなかなか分かってもらえないし・・・と

教える側の悩みはつきません。

 

子供向けの発音の教え方

まずは子供向けです。

ココで言う子供とは、だいたい幼稚園くらい(せいぜい上は小学生)までを想定しています。

 

この時期の子供たちの特徴は、聞いた音をそのまま真似しようとしてくれることです。

そのため、教える側が上手に発音することが大事です。

ちゃんとした発音で語りかけることができれば、子供もそれをがんばって真似しようとしてくれます。

 

よく聞き流しのCDとかがありますが、子供がよほど興味を持たない限りそれで英語の発音が上達することはないです。

ポイントは子供に自分の発音を真似させることです。

普段の生活の中で英語で語りかければ、子供もあなたの発音を真似してくれるでしょう。

 

 

ある程度年齢のいった子供に発音を教えるには

中学生とかそれ以上の子供、もしくは大人に発音を教えるには

舌の位置や口の形などを教えて、早口言葉や音読で練習してもらうのが近道だと思います。

 

年齢がいってくると相手の発音を耳で聞いて真似するという力が落ちてきます。

そのため、ある程度ロジカルに発音方法を指導することで良い成果を期待できます。

 

 

著者プロフィール
HN:フォニックス教授
ニュージーランド国内で有名な5つ星ホテルに就職しキャリアを積み上げました。そこでの体験をもとに、ネイティブに通用する実践的な英語の身につけ方を発信してます。詳しくは、詳細ページへ。