languageの発音方法

prof phonics rightさあ、英語の発音研究の時間だよ。

今日の研究テーマは「languageの発音方法」だ。

 

languageという単語は、「言語」という意味の名詞だよ。

languageの正しい発音方法を、フォニックスを使って丁寧に紐解いていこう。

 

 

languageの発音とそのメカニズム

 

language の発音を発音記号で表すと  [læŋgwiʤ]になるよ。

アクセントは緑色の[æ]の部分にあるよ。

(参照:発音記号と発音方法の一覧表

 

[læŋgwiʤ] を日本語で発音すると「ラングウィッジ」になるが、英語の発音はちょと違うんだ。

 

 

 languageの発音方法

発音記号の音を1つずつ確認するよ。

 

l発音方法

[l]は、舌先を上の歯の付け根につけて「ル」と 発音するよ。

 

 

æ発音方法

[æ]は小さく「ェ」と言ったあとに「ア」と発音します。エとアが混ざったような音になるよ。

 

 

ŋ発音方法

[ŋ]は、舌の後ろの方を上あごの奥につけた状態 で、鼻から「ング」と発音するよ。
*このときの「グ」という音はとても小さく、殆ど聞こえないこともあるよ。

 

 

w発音方法

[w]は、唇を軽く突き出し、唇を元に戻しながら 「ウ」と発音するよ。

 

 

i発音方法

[i]は小指を軽く噛む程度に口を開き、「イッ」と短く発音するよ。

 

 

ʤ発音方法

[ʤ]は、舌先を上の歯に付け、舌先を離した瞬間に 「ヂ」と発音するよ。

 

 

これらの1つ1つの発音を繋げて[læŋgwiʤ(≠ラングウィッジ)]を発音していくんだよ。

 

 

languageの発音メカニズム

languageというスペルから、なぜ[læŋgwiʤ]という発音になるかわかるかな?

 

フォニックスでは、「l」を[l]「a」を[æ]後ろにuが続く「g」を[g]後ろにeが続く「g」を[ʤ]と発音するというルールがあるんだ。

(参照①:lの発音ルール
(参照②:aの発音ルール
(参照③:gの発音ルール

 

languageの、赤字で示した部分はフォニックスの例外だよ。

 

まず、languageのnは本来[n]の発音になるけど、ここでは直後のgの影響を受けて[ŋ]の音に変化しているんだ。

(参照④:nの発音ルール

 

そして、languageの「a」と「e」は、a+子音+eの組み合わせだから、
本来なら「a」を[ei]とアルファベット読みして、「e」を発音しないんだ。
けど、ここでは「a」を[i]と発音して、「e」を発音しないよ。

(参照⑤:a+子音+eの発音ルール

 

languageの「u」は本来[ʌ]という発音だけど、ここでは発音されないよ。

(参照⑥:uの発音ルール

 

そして、languageの真ん中の「g」の直後には、

後ろの[i]の発音の影響を受けて[w]の音が入っているんだ。

 

そのため、l(l) +a (æ) +n (ŋ) +gua (gwi) +ge (ʤ)で[læŋgwiʤ]という発音になるんだよ。

 

こうした理由からlanguageという綴りで、[læŋgwiʤ]の発音になるのさ。

 

 

さらにもう一歩! languageの複数形の発音を押さえよう!

languageの複数形、languagesの発音も合わせて押さえておこう。

 

languages の発音を発音記号で表すと  [læŋgwəʤəz]になるよ。

アクセントは緑色の[æ]の部分にあるよ。

 

[læŋgwəʤəz]を日本語で発音すると「ラングウァッジァズ」という発音になるんだ。

合わせて覚えておこう!